毎日英会話

    「NHKラジオ英会話」から毎日の気づきを書いています。

    「句動詞」で英語らしい表現をマスターしよう

    今日は、今月のテキストから「クリスの英語でよもやま話」を読んでみました。

    クリスさんは何と、「全英大学卓球選手権」でベスト8まで進出したという輝かしい戦歴を持つ、卓球の名選手だったようです。

     

    そんな話の中から、英会話でネイティブスピーカーがとても良く使う「句動詞」(phrasal verb)、つまり
     「動詞+副詞」
     「動詞(+副詞)+前置詞」
    のまとまりによる表現を抜き出してみました。
    「英語らしい表現」の1つの特徴がこの句動詞なので、私は特に注目しています。

     

    クリスさんは若いころはサッカーやラグビーのようなハードなスポーツもやっていましたが、寄る年波には勝てず(?)、最近はゴルフをしているそうです。

     To make up for this sad fact, I added another sport --- golf!
     (この悲しい現実を埋め合わせるために、別のスポーツを加えました。ゴルフです。)

    1. make up for (欠点・不足など)を埋め合わせる、補う
    (例) I don’t eat breakfast but I make up for it at lunch.
     (朝食はとらないが、それを昼食で埋め合わせる。)


    それはさておき、ということでクリスさんは輝かしい過去の日々の話を始めます。

     But let me get back to my favorite sport --- table tennis.
     (しかし、私のお気に入りのスポーツに話を戻させてください。卓球です。)

    2. get back to 〜に戻る
    (例) Let’s get back to the main point of the discussion.
     (議論の本題に戻りましょう。)
     

    子供のころから卓球に親しんでいて、かなり強かったクリスさんは、オックスフォード大学でも卓球部に入り、選抜チームの選考にトライします。

     I decided to try out for the University team.
      (大学のチームの選抜テストを受けようと決心した。)

    3. try out for 〜のテスト・オーディションを受ける
    (例) A lot of teams wanted me to try out for other positions.
      (多くのチームが私に他のポジションのテストを受けてほしいと思った。)

    「トライアウト」は日本のプロ野球でも「12球団合同トライアウト」というのがありますね。戦力外になった選手が、このトライアウトで他の球団の目に止まれば新しい機会を得られるというものです。


    さて、クリスさんは見事選抜メンバーの一員となり、「ブルー」の称号を与えられました。そうすると、いくつも良いことがあったようですね。

     Several privileges come with being awarded a blue.
      (「ブルー」の称号を与えられると、いくつかの特権がついてくる。)

    4. come with ~に一緒についてくる
    (例) The computer comes (complete) with software and games.
      (そのコンピューターにはソフトとゲームがついてくる。)

    come complete with として使われることもあり、意味は同じです。


    クリスさんのこのコラムは、「読解力と語彙力が身につく」というコーナーですが、文章でありながら口語表現にもかなり配慮されていて、このような句動詞やイディオムがたくさん出てきます。

    ボリュームの点から見ても、ゆったりと音読してみると4分前後で、英語のスピーチの練習に使ったらもとても良いのではないかと思います。

    音声データがないのが残念ですが、繰り返し音読がおすすめのコンテンツです。

     

    この記事はいかがでしたか?
    気に入っていただいたら↓をクリックしてくださると嬉しいです。

    それに、他にも面白い英語ブログが見つかりますよ。(^o^;)

     

    にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
    にほんブログ村


    英会話ランキング

     

    How about〜 はどうでしょう?

    NHK「ラジオ英会話」 、今週も金曜日の復習回(LESSON 65)でした。

    今回の SAY IT IN ENGLISH は比較的やさしかったかな?という印象でしたが、その中でも英会話の基本表現が2つ出てきましたね。


    まず、 How about〜? と何かを提案する表現。

     OK, How about we meet at 11 tomorrow?
     (いいですよ。明日の11時に会うのはどう?)

    これは、言ってみればガチガチの口語表現です。
    というのは、How about と前置詞 about の後は、文法としては名詞(動名詞〜ingを含む)が正しいですね。

    でもこの、How about の後に【主語+動詞】を伴う普通の文が来る形は、「ラジオ英会話」でも何度も出てきて、「この形にも慣れてください」(テキストより)と言うくらい推奨されています。


    ここで、How about〜? のパターンを4つ、復習しておくと、

    1. How about some coffee?:名詞
      (コーヒーでもどう?)

    2. How about having lunch together?:〜ing
      (一緒にランチでもどう?)

    3. How about we watch the movie when we get back?:S+V
      (帰ったら映画を見ない?)

    4. How about if we tell the police where the man is hiding?:if S+V
      (あの男が隠れている場所を警察に教えようか?)


    基本の形は1で、How about の後に名詞をポン、と置けば提案できる最強形。(^◇^)
    これを、動作を伴う提案にしたければ、2 の〜ingを使えばいいだけです。


    3と4は基本的には同じものです。
    How aboutだけでも「どう?」と何かを仮定して提案するので、同じ仮定の if を言うかどうかは、言ってみれば気分の問題ですね。


    会話では、How about の後に普通の文を続けられる、ということだけ覚えて使えるようにしておけばいいと思います。


    今回はもう1つ、2問目の

     What's the matter?
     (どうしたの?)

    は知っている方の方が多いと思いますが、「必ず覚えてください」ということだったので、ぜひ覚えましょう。(^o^;)

    これには応用編として、次のような言い方もあります。

    5. Is something the matter?
     (どうしたの?)

    6. Nothing's the matter. I'm fine.
     (何でもないよ。僕は大丈夫。)

    What's the matter? は言い方によってはとても強い不信やいらだちの印象を与えてしまうことがありますが、5 の方が少し柔らかい感じがしますね。

    では、楽しい週末を!

     

    dream of 〜ing が dream to〜 ではいけない理由

    NHK「ラジオ英会話」 LESSON 64は、説明部分が 〜ing形になる「説明ルール」の形。
    学校では「分詞構文」と教わったのが、今日の内容です。

     He was walking in the park, talking to himself.
     (彼は公園を歩いていたよ、ひとりごとを言いながら。)

     この文の後半にある、talking to himself が、前半の(主たる内容である) He was walking in the park を説明しています。

    そして、〜ing形ということは、それが前半と同時に進行していることを表すというわけですね。


    さて、今回のテーマは、今日の GRAMMAR IN ACTION(習った文法を使って日本語を英語にする練習) の3問目が気になったことから始まります。

     I often lie on my bed, dreaming of becoming a famous artist.
     (私はしばしばベッドに横になる。有名なアーティストになることを夢見ながら。)

     

    これは文としては先ほどのキーセンテンスと全く同じです。
    横になっている時に、同時に将来のことを夢見ている、と説明しているのですが、私が注目したのは、dreaming of becoming ...の部分です。

    これは、dreaming to become ... ではダメなのかな?
    と思って調べてみました。


    結論から言うと、dream of 〜ing を使い、dream to 〜と to不定詞は取りません。

    特に、愛用の Longman Dictionary of Contemporary English には、文法の説明として、


    You dream of doing something:
     I’ve always dreamed of being an artist.
     ✗ Don’t say: I’ve always dreamed to be an artist.

    と、dream to〜 に❌印までつけて「これはダメだよ!」と教えてくれます。


    しかし、この辞書を含めどこにも、「なぜ〜ingでなければいけないのか?」という説明を見つけることができませんでした。

     

    ここからは私の解釈なので、そんなものに興味がない、という方は、dream of 〜ing という結論だけ確認して、ここで読み終えてしまって結構ですが、(T_T)
    実は、大西先生の説明に思い当たったのです。

     

    大西先生は、ラジオ講座や著書の中で繰り返し、
     「to のイメージは『到達点』を示すこと』
    と説明されています。

    そうすると、dream だけでも「先のことを」夢見るという意味なのに、さらにここで to 不定詞を使うと、「到達点」は「未来・将来」なので意味がダブってしまいます。

    そこで、動詞 dream の後は to不定詞を使わず 〜ing 限定になるのではないか、と思いました。


    繰り返しますが、これは大西先生の「to のイメージ」を借りただけで、あくまで私の解釈です。ただ、実際にいくつかの辞書や検索を使って探しても、dream to〜を一般的だとする例や説明は見つかりませんでした


    おわりに:
    ここまで読んでいただいた内容に同意してくださってもそうでなくても、
     dream of 〜ing
    という形だけは、記憶に残してくださいね。(^◇^)

    「日焼けする」の英語、いくつ言えますか?

    NHK「ラジオ英会話」 LESSON 63は、with を使ったとても便利な「説明ルール」のパターンが出てきました。
    使いこなせると英語上級者の雰囲気を感じさせるので、今日のキーセンテンスでぜひ身につけておきましょう。

     I fell asleep on the beach with my face exposed to the sun.
     (ビーチで顔を日光にさらしたまま眠ってしまった。)

     

    fell asleep の説明として、その後ろに置かれたのが with my face to the sun。
    この「付帯状況のwith」の使い方がポイントです。

    with に続く、my face = exposed to the sun、つまり「顔が太陽にさらされて」という関係を、with A + B という形で説明します。これには、

     The bird landed with its wings extended.
     (鳥が翼を広げて地上に降りた。)

    のようにBの部分がキーセンテンスと同じように過去分詞になるケース(ということは、形容詞や現在分詞(〜ing)も可能ですね!)の他に、

     He was busy working with his coat off.
     (彼は上着を脱いで忙しく働いていた。)

    の off のような副詞のこともあります。


    ところで、今日のキーセンテンスは、その前に
     I got badly burned.
     (私はひどく日焼けした。)
    がありますが、今日のダイアログに「日焼けする」の英語がもう1つ出てきました。

     It looks like you got some sun in Okinawa.
     (沖縄でずいぶん日焼けしてきたみたいね。)

    この get some sun も「日焼けする」。
    ただ、これは主にアメリカ英語で、イギリス英語では catch the sun ということが多いです。この機会に、3つまとめて覚えてしまいましょう!
    他にもたくさんありますので、ご興味のある方はぜひ調べてみてください。

     

    また、get burned は文字通りの「焼ける、焦げる」の意味から「やけどする」、さらに「ひどい(痛い)目にあう」まで意味が広がり、次のように「大金を失う」という場合もあります。

     A lot of people got burned in the stock market.
     (多くの人が株で大金を失った。)


    なお、火がつくということで思い出しましたが、ネットなどでよく使われる「炎上する」は、come under fire.
    「激しく攻撃される」という意味でニュース記事の見出しにもよく出てきますよ。

    電車の「中」は in か on か?

    NHK「ラジオ英会話」 LESSON 62は「説明ルール」の2回め。
    昨日の「時間」に続いて、今日は「場所」でした。

     I bumped into Ryan in the shopping mall on Sunday.
     (日曜日にショッピングモールでライアンにばったり出会った。)

    主語+動詞の後に、2つの説明語句(ショッピングモールで / 日曜日に)が出てきますが、ここで覚えておきたいことが2つ出てきたので、まとめておきます。

    まず、

     1. 1つの文に場所と時間が両方出てくる時は、【場所→時間】が自然

    ということです。
    無意識にできている方も多いかもしれませんが、こんなことも「英語らしさ」の1つのようです。

    次に、

     2 複数場所表現、または時間表現が出てくる場合、【狭い→広い】が自然

     

    テキストには次のような文が載っています。

     We first met at the scramble crossing in Shibuya.
     (私たちが初めて会ったのは渋谷のスクランブル交差点です。)

    渋谷の方が広い概念なので、後にきます。

    時間なら、

     The meeting starts at one o'clock tomorrow.
     (ミーティングは明日の1時に始まる。)

    明日の方が広い概念で、やはり後ろに来ていますね。
    この2つの順序は、ぜひ覚えておくといいですよ。

     

    さて、これとは別に、今日は1つ、前置詞の使い方が気になりました。、

     I left my bag on the train.
     (バッグを電車に忘れてきた。)

    あれ? 電車の中だから in the train じゃないの?
    と思いました。
    あなたはどう思いますか?


    実はこれには、2つのアプローチがあります。

    1つは、乗り物の種類による使い分けです。
    電車やバスの場合、「中」にいるというよりも、広い床の「上」にいるという意識があるようで、 on a train/bus がよく使われます。

    一方、car(自動車)の場合は、狭い空間のせいか「上」よりも「中」と考えて、in a car となります。


    もう1つは、英米での意識の違いです。
    混乱してしまうかもしれませんが、電車の場合でもイギリス人は「入れ物」というイメージがあるのも事実です。

    そこで、「電車に乗る/電車から降りる」を

     アメリカ人は get onto a train / get cff a train
     イギリス人は get into a train / get out of a train

    ということが多いのだそうです。
    (なお、carの場合は英米ともに、get into / out of a car となります。 )


    要するに、on でも in でも間違いではない、と言ってしまえば身も蓋もありませんが、こんな違いがあるということも知っておけば、in と on のイメージの違いを理解するのに役立ちますよ。