毎日英会話

    「NHKラジオ英会話」から毎日の気づきを書いています。

    英語学習の極意は、「1日1歩、月亭八方」

    NHK「「ラジオ英会話」 LESSON 43のオープニングは、大西先生の金言

    「1日1歩、月亭八方

    で始まりました。
    とりあえず、毎日続けましょう、というメッセージだけ頂いておきましょう。 (ToT)


    さて、今日は「主語の位置に置く wh節」でした。

    その中で、 if/whether節が主語(「〜かどうかということ」が・・・ )になる時について大事なポイントがありました。

     ★ if/whether節はどちらも「〜かどうか」だが、文頭では Whetherを使う。

     

    理由は、Ifで始まったら聞く方はまず「もしも〜」を強く意識するから。

    (例) Whether you like it (or not) isn't important.
        君がそれを好きかどうかは重要ではない。

    なるほど!!!
    会話というのは、相手の心(意識)の動きを読んでいくことが大切だということですね。

    まさに、「ハートでつかめ!英語の極意」を具体的に示すような説明です。


    では今日の最後に、今日のレッスンで心に残った文を。

     What you do shows people who you are.
     (あなたの行動を見れば、他の人にはあなたの人柄がわかる。)

    主語も目的語も wh節になっている文ですが、そのことより、この内容を心に刻んでおこうと思います。