毎日英会話

    「NHKラジオ英会話」から毎日の気づきを書いています。

    動詞の目的語:不定詞? 〜ing?

    NHK「ラジオ英会話」 LESON46は「目的語の拡張」の2回め。

     〜ing形しか目的語になれない動詞

    ということで、キーセンテンスは

    Can you stop brushing your teeth over the kitchen sink?
    (キッチンのシンクで歯磨きするはやめてくれない?)

    でした。

    ここで、ラジオを聴きながら私は「あれっ?」と思いました。

    「stop to 不定詞の形もあるよね?」

    I stopped talking. は「私は話をやめた」ですが、
    I stopped to talk. なら「私は話をするために立ち止まった」

    というような文を習ったのを思い出しませんか?


    ただ、考えてみれば今回のテーマは「目的語の拡張」。
    I stopped to talk. の stopは「立ち止まる」という自動詞なので、そもそも今回のテーマとは違う話でした。

    あくまで、「stopの目的語は 〜ing形で、to不定詞ではない」ということですね。


    ところでもう1つ、今日のテキストの右ページの最後に、

    「目的語に to不定詞も〜ing形もとれるけれど、意味が違う」

    という動詞が出ていました。

    to不定詞しか目的語にならない「これから動詞」、〜ing形限定の「リアリティ動詞」のどちらでもない動詞です。
    たとえば forgetなら

    Don't forget to call me before you leave.
     (出発の前に忘れずに電話してください)

    I forgot calling you a month ago.
     (1ヶ月前にあなたに電話したのを忘れていた)


    こうして比べてみると、矢印(→)のイメージの to不定詞と、リアルな状況を思いおこさせる 〜ing形の違いがわかりますね。

    目的語を両方とれる動詞を、大西先生が何かネーミングしているのでしょうか?
    「二刀流動詞」?


    まさかね。(。>﹏<。)