毎日英会話

    「NHKラジオ英会話」から毎日の気づきを書いています。

    軽いタッチの英会話 ---let、just---

    NHK「ラジオ英会話」 LESSON51は「使役の let」でした。

    ポイントは、letは「とても軽いタッチ」の「許す」
    大きな力がはたらく make との違いは使役動詞の最初に習いますが、今日なるほどな、と思ったのは、

     Let me know if you need help.
     (手助けが必要なら教えてね。)

    の Let me knowのニュアンスです。
    これは Tell me とも言えるところですが、

     ■ Let me know は、「知っている仲間にはいることを許してください」という印象、ということ。

    let は「なごみ系」なのかな?とも思いますが、軽いタッチといえば、今日のレッスンにも出てきたのが、Let's 〜 と Shall we 〜? の違いもそうですね。
    (Shall we〜? は、大西先生によれば、「温かい、相手の手を優しく取るような質感」があるのだそうです。)


    さて、私はこれまで、英語のインプット元が仕事を通じてであったり、ニュースの英語が多かったりという経歴があるせいか、自分の英語が堅いという自覚があります。

    1つには、「書くように話していれば変な英語は使わなくて済む」と思っていることがあり、今「ラジオ英会話」を聴いているのも、「話す」ことを意識した英語のトレーニングというのが1つの理由です。


    そんな私が今日ピンときたダイアログの1つの文が、

     You can just use the SuperEats app on your phone.
     (ただスマホでスーパーイーツのアプリを使えばいいの。)

    です。
    注目したのは、just の使い方。

    「ただ〜すればいい」というと、All you need is 〜とか、All you have to do is 〜などが浮かんでしまう私には、この just の軽さがとても気に入りました。

    この just は only(〜だけ、〜に過ぎない)の意味ですが、軽いだけあって口語での使い方のようです。

    LDCE(Longman Dictionary of Contemporary English)でも

    「justはくだけた(informal)表現なので、書く英語では simply が好んで使われる」

    とありました。
     It’s simply a question of priorities.(それは優先順位のk問題だ。)
    という具合です。


    ついでにもう1つ、justの使い方について、ロングマンでは

    1.文の主となる動詞の前に置く
    2.最初の助動詞の後に置く

    と書いてありました。先ほどの
     You can just use the SuperEats app on your phone.
    もまさに2のパターンですね。

    ご参考までに。