毎日英会話

    「NHKラジオ英会話」から毎日の気づきを書いています。

    みなとみらいで新型コロナワクチン接種してきました

    今日、横浜みなとみらいのハンマーヘッドにある大規模接種会場で、新型コロナウイルスのワクチン接種をしてきました(実はそういう年齢です)。

    ちなみに、「ワクチン」は英語では、vaccine 
    発音は、[væksiːn]  「ヴァクスィーン」と後ろにアクセントがあります。


    さて、会場の最寄り駅はJR「桜木町」か、みなとみらい線馬車道」。
    私は京急線で北上するので、京急の「日ノ出町」から桜木町まで歩きました。

    f:id:hbmaki:20210621035710j:plain

    桜木町駅

    ランドマークタワーが見える東口に出て、やや右側のタクシー乗り場の先頭に、シャトルバスの乗り場がありました。ちなみに、新しい観光名所(?)のロープウェイの発着所の真下です。

    f:id:hbmaki:20210621035742j:plain

    みなとみらいロープウェイの下です

    それぞれ予約の時刻の10分前を目安に行くのですが、かなり並んでいます。バスは5〜10分おき程度には来て、密にならないように係の人が乗車を規制しています。

    案内には「会場まで約10分」と書かれていますが、駅から出る所の信号待ちがかなり長いことがあるので、私の乗ったバスも15分かかりました。

    予約時刻の30分前に乗り場に行きましたが、これでちょうどいいと思います。


    会場に行くと、接種時刻を聞かれ、それによって分けられた場所に案内されてイスに座って待ちます。

    1列8人で、接種ブースが1つ空くごとに1人ずつ案内されます。その間にも、空いたイスを別の係の人が消毒していました。

    f:id:hbmaki:20210621035846j:plain

    最初に待つ所

    順番が来ると、まず本人確認など必要書類の確認があります。
    次に、場所を変えて予め記入した問診票の内容を確認します。
    検温はここでしてくれるので、問診票の検温欄に書いて行く必要はありません。

    さらに場所を変えて、改めて医師による問診があり、これが終わるといよいよ接種の場所へ。


    ワクチンはモデルナで、筋肉注射なので針を直角に刺すしたところで、身体に変調がないか(ジンジンしたりしないか)一度確認されます。大丈夫と答えるのを確認してワクチンを注入。こういう注射は初めてでした。

    この注射はほとんど痛くありません。健康診断の採血の方がよほど痛いです(採血ではたまに血管に刺さらずやり直しがあったりしますが、ワクチンはそんなことはありません)。

    私は事前に調べて、鎮痛剤カロナール(少し前に歯医者でもらっていた)を飲んでいくつもりでしたが見事に忘れました。(。>﹏<。)

    それで接種の時に「鎮痛剤飲んでおいた方がいいですか?」と尋ねましたが、ひどい痛みでもなければ必要はないとのことでした。


    終わると座って15分間待機です。退出時刻を書かれた紙を渡され、その時刻になればそのまま出口に行き、その紙を渡して完了です。

    f:id:hbmaki:20210621040429j:plain

    待機時間の案内をもらいます

    出口に向かう時に、係の男性が「体調は大丈夫ですか?」と声をかけてくれました。(^o^)

    来た時にバスを降りた所のもう少し先に、桜木町駅行きのバス乗り場がありました。

    乗る前に、馬車道駅で降りたい人がいるか確認してくれるので、知らせておけば停まってくれます。


    接種のすぐ後には特に痛みもありませんが、3時間ほど経ってから腕を動かすと痛むようになりました。

    翌日の方が痛むということですが・・・

     

    (追記: 翌朝はやはり痛みが増しています。動かさなければ違和感がある程度なので、薬などは不要ですが、リュックを背負うために腕を後ろに回そうとすると一度躊躇する程度には痛みます。)


    こんな感じで、無事1回目の接種が終わりました!


    会場では、本当にたくさんの方が仕事をされていますが、対応も気持ちよくどんどん人が流れていっていました。

    彼らがすでに接種を終えていることを願って、会場を後にしました。