毎日英会話

    「NHKラジオ英会話」から毎日の気づきを書いています。

    「痛み」の英語表現

    NHKラジオ英会話」 LESSON 68は、ジムでしごかれたヨシが筋肉痛になってしまいました。

    そこで、「痛み」の表現がいくつか出てきました。

     I'm so sore today!
     (今日は身体が痛いよ!)

     Every muscle in my body aches!
     (全身が筋肉痛なんだ!)


    最初の sore は形容詞で、
     I have a sore throat.(喉が痛い)
    のように、名詞にかかる使い方を比較的よく聞くと思いますが、今回は I'm sore. と、動詞を説明する形が出てきました。


    sore はヒリヒリする痛みや、今回のような頑張りすぎた後の筋肉痛などに使われます。
    たとえば誰かが転んで肘を擦りむいたのを見て、「痛そう・・・」と言うのなら、
     It looks so sore!
    となりますね。


    2番めの文の ache は動詞ですが、放送では hurt との比較をしていました。
    その時の説明では、hurt は身体の外側の痛みについて使うことが多い、ということでしたが、実際の例としては

     My back hurts. (背中が痛い。)
     My chest hurts when I cough. (咳をすると胸が痛い。)

    と、背中は外側ですが、2つ目の胸は内側ですね。


    一方、ache は「ズキズキする痛み」と説明されていました。
    英英辞典を見ると、ache = to hurt with continuous pain のように書かれていて、この continuous がたしかにいつまでも「ズキズキ」する感じです。

    そして、ache というと headache(頭痛)、backache(腰痛、背中の痛み)、toothache(歯痛)のように、「〜痛」という名詞を作るパーツにもなりますね。
    (腰や背中の痛みは back pain という言い方もあります。)


    sore のような形容詞としては、painful が幅広く「痛い」に使えそうです。
    他に、stiff は肩や首がこっている状態。

     I've got a stiff shoulder.
     (肩がこっている)


    最後に、「ひどく痛む」時の口語表現があります。
    たとえばたくさん歩いたあとで、

     My legs are killing me.
     (足がひどく痛い。)

    killing me = 死ぬ(殺される)ほど痛い、という言い方です。
    たまに使ってみるといいですよ
    ・・・ 使うチャンスがない方がいいですが。☆彡