毎日英語・英会話

    NHKラジオ英語講座の乾燥やつぶやき記録とか。


    東洋経済オンラインや産経新聞、雑誌プレジデントでも紹介

    「私もそう思うんですよ、でもね」の may ... but 〜

    金曜日の復習回は、Say it in English を中心に聴いています。

     

    1. You won’t be able to find anybody as efficient as her.
     (あなたは彼女ほど有能な人を誰も見つけられないだろう。)

    ☆ efficientは「効率的な」が浮かぶけれど、if someone or something is efficient, they work well without wasting time, money, or energy.
    →「有能な」

    -----
    「有能な」というと、今回私が考えた capable とか competent もありますが、「ムダなく上手にできる」という efficient はなるほど、という感じ。


    2. 「-thing/-one/-bodyで終わる名詞は意味が漠然としているため、後ろに説明を置くことがしばしばある」

    このパターンのanybody efficientで、説明のefficientをas 〜 asで挟めばいい。
    → anybody as efficient as her

    -----
    月曜日のLesson211でも強調されていた「比較表現は通常の形容詞・副詞と同じ位置で使う」というのを再確認。


    3. He may not be as good as the previous captain, but he is twice as good as Dave.
     (彼は前のキャプテンほど良くはないかもしれないが、デイブの倍は良い。)

    ☆ mayで一旦譲歩してみせながら、次のbutで言いたいことをきちんと言う。交渉の定番。^_^

    -----
    この例ではコーチが前のキャプテンを推しているわけではありませんが、最初に「そうかもしれませんんね」と相手の言うことに理解を示してから自分の意見を言う時に、may ... but 〜 は有効。


    (2022年2月18日放送:Lesson 215より)