毎日英会話

    「NHKラジオ英会話」から毎日の気づきを書いています。

    指し示すto

    NHK「ラジオ英会話」の今月のテーマは「説明ルール」。
    LESSON72も、引き続き to不定詞で説明するパターンでした。

    ここまで、動詞句の「後に置いて説明する」 to不定詞は、

     目的を表す(LESSON 69)
       They're here to film a new movie,
         彼らはここに新作映画を撮影するために来ている。
     原因を表す(LESSON 71)
      I was delighted to see you.
        あなたに会えてうれしかった。

    と進んできて、今回は
     判断の根拠・結果を表す(LESSON 72)
      They must have been busy to say such a thing. ←根拠
        そんなことを言うのだから、きっと忙しかったのだろう。
      He grew up to be a famous siner. ← 結果
        彼は大きくなって有名な歌手になった。


    最後の文、つまり to不定詞が「結果」を表すというところで思い出したのが、
     「to のイメージは、到達点を指し示すこと」
    ということです。

    これは、大西先生が「ラジオ英会話」や著書の中でたびたび言っていることですが、「結果」ならたしかに到達点そのものですね。

    では、他の文の to不定詞が「目的」「原因」「判断の根拠」を表す場合、何をもって「到達点を指し示」しているのでしょうか?


    これは、「to不定詞の前に出てくる動詞句に欠けているもの」を指し示しているのです。

     

    例えば最初の文なら、I was delighted だけでは「何が嬉しいの?」と思いますね?

    それは、「あなたに会ったから」という「原因」を、to see you で指し示しているのです。

     

    このあたりが、to不定詞の一つのキモで、いずれ〜ing形との比較なども「ラジオ英会話』で勉強することになると思います。

     

    その時はまた、整理してみようと思います。

     

    Let's get cracking!

    今日は金曜日。
    NHK「ラジオ英会話」はいつもの復習回(Review)ですが、クリスさんのオープニングの一言に、おやっ?と思いました。それは

     Let's get cracking!

    です。ちょっと耳新しくありませんか?
     Let's get started.(さあ、始めよう)
    と同じ意味の口語表現です。

    ただ、crackは「割れる、ひびが入る、(ムチで)ピシャリと打つ」といった、文字通りインパクトを伴う意味の動詞です。

    それで、Let's get cracking! は単に「始めましょう」というより「さっさとやろうよ!」というニュアンスがあります。


    Let’s get 〜 は応用のきく表現です。
    考えてみれば get は「〜になる」で、その後に来る「〜」によってどんな意味にも使える万能選手のような動詞なので、Let's get 〜にもいろいろなケースがあります。

    たとえばビジネス英語でよく出てくるのが、

     Let's get down to business.
     (本題にとりかかりましょう。)

    最初の雑談から仕事モードに入るスイッチのように使うといいですね。


    また、日常会話では、

     Let's get together.
     (また会いましょう。)

     Let's get out of here.
     (ここを出よう / もう帰ろう)

    といった定番フレーズがあります。


    今日は、放送の SAY IT IN ENGLISH に関しても書くつもりでしたが、Let's get cracking から思いの外長くなってしまったので、それはまた別の機会にします。

    では、楽しい週末を!

    「痛み」の英語表現

    NHKラジオ英会話」 LESSON 68は、ジムでしごかれたヨシが筋肉痛になってしまいました。

    そこで、「痛み」の表現がいくつか出てきました。

     I'm so sore today!
     (今日は身体が痛いよ!)

     Every muscle in my body aches!
     (全身が筋肉痛なんだ!)


    最初の sore は形容詞で、
     I have a sore throat.(喉が痛い)
    のように、名詞にかかる使い方を比較的よく聞くと思いますが、今回は I'm sore. と、動詞を説明する形が出てきました。


    sore はヒリヒリする痛みや、今回のような頑張りすぎた後の筋肉痛などに使われます。
    たとえば誰かが転んで肘を擦りむいたのを見て、「痛そう・・・」と言うのなら、
     It looks so sore!
    となりますね。


    2番めの文の ache は動詞ですが、放送では hurt との比較をしていました。
    その時の説明では、hurt は身体の外側の痛みについて使うことが多い、ということでしたが、実際の例としては

     My back hurts. (背中が痛い。)
     My chest hurts when I cough. (咳をすると胸が痛い。)

    と、背中は外側ですが、2つ目の胸は内側ですね。


    一方、ache は「ズキズキする痛み」と説明されていました。
    英英辞典を見ると、ache = to hurt with continuous pain のように書かれていて、この continuous がたしかにいつまでも「ズキズキ」する感じです。

    そして、ache というと headache(頭痛)、backache(腰痛、背中の痛み)、toothache(歯痛)のように、「〜痛」という名詞を作るパーツにもなりますね。
    (腰や背中の痛みは back pain という言い方もあります。)


    sore のような形容詞としては、painful が幅広く「痛い」に使えそうです。
    他に、stiff は肩や首がこっている状態。

     I've got a stiff shoulder.
     (肩がこっている)


    最後に、「ひどく痛む」時の口語表現があります。
    たとえばたくさん歩いたあとで、

     My legs are killing me.
     (足がひどく痛い。)

    killing me = 死ぬ(殺される)ほど痛い、という言い方です。
    たまに使ってみるといいですよ
    ・・・ 使うチャンスがない方がいいですが。☆彡

     

    the hard way を知らないと痛い目に遭う?

    今日の「NHKラジオ英会話」 LESSON 67。
    「way や as を説明に使う」という内容でしたが、

     I found out the hard way that you should always back up your data.
     (私は、いつもデータのバックアップをすべきだということを、痛い目にあって知った。)

    この the hard way の使い方を覚えました。

     

    ここでの the hard way は、found out の目的語(厳しい道を発見した)となるのではなく、「苦労して、つらい経験をして」と説明する、副詞句になるのです。

    日本語から直訳すると through the hard way などとなりそうですが、実際にはそうはならないのが面白いですね。


    これについて、英英辞典で次のような説明を見つけました。

    do something the hard way
    = to learn, achieve, or do something after a bad experience or by making mistakes
    (ひどい経験や間違いを通じて、何かを学ぶ、成し遂げる、する)


    この説明からも、the hard way はいろいろな動詞・動詞句を説明できることがわかります。

     If she won't listen, she'll have to learn the hard way.
     (彼女が聞く耳を持たなければ、身をもって/痛い目をみて学ぶことになるだろう。)

    のように、learn の例文はたくさん見つけることができます。
    また、次のようなケースもあります。

     He earned his promotion the hard way.
     (彼は苦労の末昇進を勝ち取った。)


    また、今日のテキストには、
     Nobody could eer love you the way I do.
     (誰も絶対私のようにあなたを愛することはできない。)

    これも、the hard way と同じで、使い慣れておかないとすぐには出てこないと思います。
    それにはやはり、音読・暗唱ですね。


    ただ、これはビリー・ジョエルの Just the way you are の歌詞

     I want you just the way you are.

    とまったく同じパターンなので、おなじみの方も多いかもしれませんね。(^o^;)

    fix が「固定する」ものいろいろ

    今日の「NHKラジオ英会話」LESSON66で、

     I'm wondering how to fix it.
     (私はどうすればそれを直せるのかと思っています。)

    という文が出てきました。
    放送でのポイントは wonder のイメージでしたが、後半の動詞 fix もなかなか見どころがあります。

     

    fix = to make firm, stable, or stationary

    ということで、物を「固定する」が基本のイメージです。

     The shelves should be fixed to the wall with screws.
     (棚は壁にネジで固定しなければならない。)

    というのが基本の意味で使った例ですが、たまたま今日のダイアログは、イスのネジが緩んでしまってどうしよう・・・という話でした。


    今日のキーセンテンスは

     I can tighten the screw with my penknife.
     (そのネジは僕のペンナイフで締めることができる。)

    でしたが、この tighten と似た感じですね。
    でも最初の fix の意識は「修理する(repair)」。次の例と同じです。

     Can you fix the broken television?
     (こわれたテレビを修理してもらえますか?)


    次に、かなり昔のことですが、アメリカでホームステイした時に覚えたのが、食事の支度をするという fix です。

     I'll clean the room and you fix dinner.
     (僕が部屋の掃除をするから君は夕食の支度をして。)

    これは、特にアメリカで使われるようです。


    また、日にちを決める場合も、次のように fix で言うことができます。

     Let's fix the date for the meeting.
     (会議の日にちを決めよう。)

    これに似た例としては、次のような場合もあります。

     Will you fix the appointment with Mr. Johnes?
     (ジョーンズさんとのアポを決めておいてくれる?)


    最後に、あまり関わりたくない例を1つ。

     The game is fixed, isn't it?

    「試合が固定されている」とは・・・?
    これは勝ち負けが最初から決まっているということです。
    つまりこの文は、「この試合って八百長だよね?」ということ。(T_T)


    他にもまだいろいろありますが、今回は会話に出てきそうな fix をいくつか選んでみました。(^o^;)

    気に入っていただけたら、↓をクリックしてくださいね。

    にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
    にほんブログ村


    英会話ランキング