毎日英会話

    「NHKラジオ英会話」から毎日の気づきを書いています。

    まず、I think と言い切り、内容はゆっくり

    NHK「ラジオ英会話」 LESSON54は、「リポート文」に入りました。

    「リポート文」というのは大西泰斗先生独自の文法用語ですが、私のブログは「大西メソッド」の説明が目的ではないので、ここでは

     「リポート文」は、I think (that)〜 のパターン

    とだけ確認しておきます。

     I think that we have spent enough time on this issue.
     (この件に関しては十分な時間を費やしたと思います。)


    ただ、動詞は think だけではありません。たとえば今日のキーセンテンス。

     I told you that yesterday's rehearsal went really well.
     (昨日のリハーサルはとてもうまく行ったと私は言った。)

    think の場合と共通するのは「動詞の内容を後ろのthat節が説明する」ということです。


    ここで英会話、つまり英語を話す時に大切なことは、講座でも言われていたように

     I think(=私は〜と思う)
     I told you(=私は〜と言った)

    と、まず言い切ってしまうこと、その後の「〜」の内容はそれからきちんと文にすればいい、ということです。この後半の部分は、それこそ何でも言いたいことを続ければいいので、

     that節のリポート文はとても自由度が高く何でも言える

    ということになります。
    だから、慣れてしまえば会話の強力な武器になるのが、リポート文だと思います。
    あとは、この呼吸に慣れるために繰り返し音読、ということでいいと思います。


    ついでに、もう1つ次のリポート文でフレーズを1つチェック。

     Sorry, I didn't realize that thie seat was already taken.
     (すみません。この席がもう取られていたとは気が付きませんでした。)

    動詞 realize(〜に気づく)もリポート文の形になる、ということに加えて、後半の takenに注目です。

    「席が取られている」は be taken. 簡単ですね。
    ここは occupied でもいいですが、ちょっと単語が大きくて固いですね。

    ふだんの会話では taken くらいのいつでも出てくる単語がお似合いです。